円高の経済学 - 宮川努

円高の経済学

Add: xapycuf96 - Date: 2020-11-24 03:01:54 - Views: 4306 - Clicks: 4030

10 Description: 190, 4p ; 20cm Authors:. 宮川努 グラフィック マクロ経済学 グラフィック「経済学」 : 宮川努 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 円高の経済学 : 国際競争力の変化と経常黒字問題: 著者: 宮川努, 徳井丞次 共著: 著者標目: 宮川, 努, 1956-著者標目: 徳井, 丞次, 1959-出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 東洋経済新報社: 出版年月日等: 1994. “The Economic Impact of Supply Chain Disruptions from the Great East-Japan Earthquake”(with Jo ji Tokui and Kazuyasu Kawasaki)Japan and the World Economy 41. 宮川 努,徳井 丞次『円高の経済学―国際競争力の変化と経常黒字問題』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

大企業・中小の格差縮小、急務 コロナ危機と生産性 宮川努 学習院大学教授 経済教室 /12/8付 情報元 日本経済新聞 朝刊. "Estimates of Intangible Investment by Industry and Productivity Growth in Japan" (with Shoichi Hisa) The Japanese Economic Rev, pp. 所属 (現在):学習院大学,経済学部,教授, 研究分野:経済政策,経済理論,応用経済学,小区分07040:経済政策関連,人文・社会系, キーワード:生産性,全要素生産性,景気循環,経済統計学,対日直接投資,研究開発,jipデータベース,it資本,マクロ経済学,景気基準日付, 研究課題数:14, 研究成果数:152, 継続. 円高の経済学 - 国際競争力の変化と経常黒字問題 - 宮川努 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 『グラフィック マクロ経済学 (グラフィック経済学)』(宮川努) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。作品紹介・あらすじ:マクロ経済学のエッセンスを、最新のトレンドに沿ってやさしく解説。混迷する現実の経済を見通す座標軸を提供。. -- 東洋経済新報社, 1994. Amazonで努, 宮川, 丞次, 徳井の円高の経済学―国際競争力の変化と経常黒字問題。アマゾンならポイント還元本が多数。努, 宮川, 丞次, 徳井作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. グラフィックマクロ経済学第2版 - 宮川努 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まっ.

10 形態: 190, 4p ; 20cm 著者名:. 【tsutaya オンラインショッピング】円高の経済学/宮川努 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画や. エンダカ ノ ケイザイガク : コクサイ キョウソウリョク ノ ヘンカ ト ケイジョウ クロジ モンダイ. 賞ローマー教授はit革命を予見した 年10月15日 宮川 努 今年で50周年を迎えるノーベル経済学. 宮川 努(みやがわ つとむ、1956年 3月11日 - )は日本の経済学者。学習院大学教授。専門はマクロ経済学、国際マクロ経済学、日本経済論。 略歴. See full list on univ. 宮川 努(みやがわ つとむ、1956年 3月11日 - )は日本の経済学者。学習院大学教授。専門はマクロ経済学、国際マクロ経済学、日本経済論。 略歴 編集 1978年 東京大学経済学部 卒業; 1978年~1999年 日本開発銀行(現日本政策投資銀行) 勤務 私は学習院大学に赴任して、20年間をこの大学で過ごしました。 この間の研究分野は、主に生産性をめぐるトピックスです。経済の成長要因は、労働力の増加、資本蓄積、そして生産性の上昇によって支えられています。日本では、長らく低成長が続いていますが、これは単に少子化で労働力が増加していないだけでなく、生産性が低下していることも大きな要因となっています。生産性の問題は、経済学の祖であるアダム・スミス以来多くの経済学者が取り上げてきましたが、最近ではその計測方法が標準化され、国際比較も行えるようになっています。昨年、「生産性とは何か日本経済の活力を問い直す」という新書を筑摩書房から出版しました。この本では、生産性に関する様々なトピックを平易に書いていますので、興味のある方は読んで下さい。.

10: 大きさ、容量等: 190, 4p ; 20cm: 注記 参考. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 宮川努 『長期停滞の経済学――― グローバル化と産業構造の変容』 本論文は1990年代の日本経済の停滞を、設備投資と生産性の伸びの低下に焦点をあ て、国内的・国外的な二つの側面からこの現象をもたらした構造変化を実証的に分析した ものである。. 『長期停滞の経済学 グローバル化と産業構造の変容』(宮川努)東京大学出版会、年12月 『日本経済の生産性革新』(宮川努)日本経済新聞社、年11月 論文:. 『Intangibles, Market Failure 円高の経済学 - 宮川努 and Innovation Performance』(Bounfour 氏と共編)Springer、 3. 1978年 東京大学経済学部 卒業; 1978年~1999年 日本開発銀行(現日本政策投資銀行) 勤務.

「宮川 努」のページです。日本経済新聞出版では、本・書籍の新刊やおすすめ、企業様に好評な研修用DVDの紹介・販売(法人様)をしております。また、著者インタビューや本・書籍・研修用DVDに関する情報も配信しております。. 円高の経済学 : 国際競争力の変化と経常黒字問題 フォーマット: 図書 責任表示: 宮川努, 徳井丞次共著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 1994. この書誌へのurl. 宮川 努の著者ページ。.

円高の経済学 : 国際競争力の変化と経常黒字問題 Format: Book Responsibility: 宮川努, 徳井丞次共著 Language: Japanese Published: 東京 : 東洋経済新報社, 1994. 宮川教授は「大げさに言えば、経済学は民主主義を維持するための必修科目の一つ」と断言する。 「民主主義は、人々が国や地域が実施する経済運営を理解したうえで、その運営者に対し選挙という自らの判断を下すことが前提になっています。. Pontaポイント使えます! | 円高の経済学 国際競争力の変化と経常黒字問題 | 宮川努 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. ますます進む円高・増大する経常黒字企業の競争力は今後どうなるか。 1ドル=90円台時代の日本経済を独自の視点から鋭く分析。 円高の経済学 / 宮川 努/徳井 丞次【共著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. * 本稿は、宮川・滝澤・金「無形資産の経済学 -生産性向上への役割を中心として-」日本銀 行ワーキング・ペーパーシリーズ10—J-8, 年3 月を大幅に改訂したものである。. 『生産性とは何か (ちくま新書)』(宮川努) のみんなのレビュー・感想ページです(11レビュー)。作品紹介・あらすじ:停滞にあえぐ日本経済の再生には、生産性向上が必要だ。誤解されがちな「生産性」概念を経済学の観点から捉えなおし、その向上策を詳細なデータと共に論じる。.

生産性の経済学 -我々の理解はどこまで進んだか- 宮川 jp 日本銀行 〒日本橋郵便局私書箱30 号 * 学習院大学経済学部 日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をと. 『インタンジブルズ・エコノミー』(淺羽茂氏、細野薫氏と共編)東京大学出版会、 2. 宮川 努 略歴 〈宮川努〉学習院大学経済学部教授。博士(経済学)。専門はマクロ経済学、日本経済論。 〈細野薫〉学習院大学経済学部教授。博士(経済学)。「金融危機のミクロ経済分析」で第53回日経・経済図書文化賞受賞。. [講義の考え方] これまで、私は基礎マクロ経済学とマクロ経済学を交互に担当してきました。マクロ経済学の内容は非常に多く、これを1年で教えようとすると詰め込みすぎで消化不良を起こしてしまう可能性があります。しかし、マクロ経済学の内容を分割して、基礎マクロ経済学とマクロ経済学で異なる教科書を使うと、講義を受講する学生も混乱し、また余計な教科書代を負担しなくてはなりません。このため、1冊の教科書をじっくりと2年にわたって教えてきました。今後も基本的な方針に変更はありませんが、年度、20年度は変則的にマクロ経済学を中心に講義する予定です。 基礎マクロ経済学では、GDPの概念やその変動について学ぶとともに、経済全体を構成する三つの市場(財・サービス市場、労働市場、金融市場)の働きについて解説をします。これをもとに、マクロ経済学では主に3つの点を学びます。第1は、消費者と消費・貯蓄行動、企業の投資行動の要因を考えます。次に財・サービス市場と金融市場、さらには労働市場も加えて複数の市場間の相互関係について解説します。そして最後には、マクロ経済に影響を及ぼす3つの政策(財政政策、金融政策、成長政策)とその効果を取り上げます。 アインシュタインは、「重要なのは知識よりも想像力だ」と述べています。マクロ経済学は、必ずしも身近な経済取引を説明するわけではないので、この想像力を必要とする学問分野です。しかし、大学を卒業して社会に出ると、必ずしも身の回りの仕事をこなすだけでは十分ではなくなります。より自分を取り巻くより広い環境を踏まえて意思決定する場面が多くなります。その際に必要なのは、合理的な思考に支えられた想像力です。 マクロ経済学の学習を通して、経済関する想像力を養ってください。 また私は日本経済論Ⅰ、Ⅱも講義することがあります。こちらは、ミクロ経済学やマクロ経済学で得られた考え方を、日本経済の様々な側面に応用していく講義です。経済学の利点は、学問の内容が単に概念や論理の記述に終わらず、現実を記述したデータで確認できる点にあります。したがって日本経済Ⅰ、Ⅱの講義では、多くの経済データを使いながら、日本の経済現象を説明していきます。昨今データサイエンスという言葉が流行っています。 しかし、ただ単にデータを見てその変動を叙述するだけでは、現実の判断に役立ちません。データを見て. CiNii 国立情報学研究所 学術情報ナビゲータサイニィ メニュー 検索. 「日本経済 グローバル競争力の再生」のページです。日本経済新聞出版では、本・書籍の新刊やおすすめ、企業様に好評な研修用dvdの紹介・販売(法人様)をしております。.

円高の経済学 : 国際競争力の変化と経常黒字問題. "Market Competition, Differences in Technology, and Productivity Improvement: An Empirical Analysis Based on Japanese Manufacturing Firm Data" (with Tomohiko Inui and Atsushi Kawakami) Japan and the World Econ, pp. 『長期停滞の経済学』東京大学出版会、 年 5. 円高の経済学の本の通販、宮川努、徳井丞次の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで円高の経済学を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 私は、人が成長する段階で、「好奇心」、「想像力」、「大局観」という3つの要素が大事だと考えています。 大学時代は、このうち「好奇心」を思う存分発揮して、様々なことに挑戦する時期だと思います。多少の摩擦は気にせず、臆することなく、いろいろな体験をして下さい。. 『グラフィックマクロ経済学 第2版』(滝澤美帆氏と共著)新世社、 年 4.

宮川努, 徳井丞次共著. 東洋経済新報社, 1994. 川上淳之、宮川努() 『日本企業の製品転換とその要因-工業統計表を使った実証分析-』 財務省財務総合政策研究所「フィナンシャル・レビュー」平成25年第1号 (通巻第112号)年1月 経済学におけるミクロデータ利活用 学習院大学経済学部 宮川努教授.

円高の経済学 - 宮川努

email: isiwog@gmail.com - phone:(754) 950-8998 x 8003

東洋経済ACADEMIC 龍谷大学 - 東洋経済新報社 - ジオノ紀行

-> 厚生 6月号 - 厚生問題研究会
-> 友と歩む - 手島典男

円高の経済学 - 宮川努 - 超訳六法全書 超訳六法研究会


Sitemap 1

華舞鬼町おばけ写真館 祭りばやしと光の絆 - 蒼月海里 - 入門ビジネスRSS ケイズプロダクション